フィーバーフューがジヒドロテストステロンDHTの働きを抑える救世主!

男性型脱毛症AGAの原因は男性ホルモンであるテストステロンが
活性型男性ホルモンであるジヒドロテスステロンに変化し、
脱毛作用を引き起こすこと。

 

フィナステリドを主成分とするAGAの内服薬である
プロペシアをはじめ、AGA対策はまず、このジヒドロテストステロンを
いかに発生させないか、ということにフォーカスされてきました。

 

ジヒドロテストステロンDHTは、善玉男性ホルモンであるテストステロンが
5αリアクターゼと呼ばれる酵素によって変化した悪玉男性ホルモン。

 

亜鉛、ノコギリヤシといった成分は5αリアクターゼの働きを抑え、
ジヒドロテストステロンをいかに発生させないかということに注目
されてきた成分なのですが、

 

発生したジヒドロテストステロンの働きそのものを抑える作用があうのが、
フィーバーフュー

 

「フィーバーフュー!?」
「何それ!?」

 

聞きなれない言葉だけに、そう思う人も多いと思いますが、
フィーバーフューとは日本語ではナツシロギクのこと。

 

キク科の植物で白い花を咲かせるこの植物が、
ジヒドロテストステロンの働きそのものを抑える効果があるとして、
今ひそかに注目されているのです。

 

楽天やAmazonといった大手通販モールでも「フィーバーフュー」で
検索するとハーブティーが出てきますよ!

 

ハーブティーとしてフィーバーフューはネット通販で簡単に入手可能です。

 

今まで5αリアクターゼを抑止することばかりが注目されてきましたが、
それに加えてジヒドロテストステロンそのものの働きを抑える
フィーバーフューをハーブティーとして飲むと脱毛症が治まったという
報告が多々あるのです。

 

育毛サプリのボストンやブブカを用いてDHTの発生を抑止し、
さらに発生したDHTをフィーバーフューで抑え込めばまさに鬼に金棒と言えます!

 

強固なAGA対策を施したい人にぜひオススメですよ!

なぜあなたはハゲる?ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体の関係

日本人男性の3人に1人が悩まされているといわれる男性型脱毛症。
AGAとも言われるこの症状ですが、

「みんな、男性ホルモンは分泌されているのに、
どうして自分だけ脱毛が進行するの!?」

 

と不思議に思った事はありませんか?

 

男性であれば、誰しもが分泌される男性ホルモン。
脳からの命令を受け、思春期から分泌が活発になる男性ホルモンですが、
男性であれば、ほぼ間違いなくこのホルモンは分泌されているわけです。

 

にも関わらず、

 

ある人は年老いても髪がフサフサ。
ある人は30代前半から前頭部、後頭部の毛が完全に抜け落ちるほど
脱毛が進行したりと、症状の出方は人それぞれですよね。

 

・・・

 

その答えは、男性ホルモン受容体、または男性ホルモンレセプター
と呼ばれる物質にあるのです。

 

あなたも知っているとおり、男性型脱毛症AGAが進行するのは、
善玉男性ホルモンであるテストステロンが5αリアクターゼと呼ばれる
酵素によってジヒドロテストステロンに変化すること。

 

略してDHTと呼ばれる悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが
毛根内部で脱毛作用を引き起こすことでAGAは進行していくのです。

 

このジヒドロテストステロンという物質は、何も特定の男性のみに
発生する物質ではなく、男性であれば誰しもが発生する物質なのです。

 

ある人はこのDHTにより脱毛が進行していくのに対し、
ある人はこのDHTが発生しても脱毛が進行していかないのは、

 

DHT・ジヒドロテストステロンに対する受容体が
どれほど多く分布しているかどうかなのです。

 

具体的には、男性ホルモン受容体とジヒドロテストステロンが
結合することでTGF-β1と呼ばれる脱毛因子が生成されるのすが、

 

男性ホルモンレセプターが少ない人はこのTGF-β1の発生は少なく、
男性ホルオンレスプターが多い人はこのTGF-β1の発生が多くなるというわけです。

 

なので、

 

男性型脱毛症は何も、男性ホルモンの分泌が多ければ多いほど
症状が進行するというものでもないのです。