なぜあなたはハゲる?ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体の関係

日本人男性の3人に1人が悩まされているといわれる男性型脱毛症。
AGAとも言われるこの症状ですが、

「みんな、男性ホルモンは分泌されているのに、
どうして自分だけ脱毛が進行するの!?」

 

と不思議に思った事はありませんか?

 

男性であれば、誰しもが分泌される男性ホルモン。
脳からの命令を受け、思春期から分泌が活発になる男性ホルモンですが、
男性であれば、ほぼ間違いなくこのホルモンは分泌されているわけです。

 

にも関わらず、

 

ある人は年老いても髪がフサフサ。
ある人は30代前半から前頭部、後頭部の毛が完全に抜け落ちるほど
脱毛が進行したりと、症状の出方は人それぞれですよね。

 

・・・

 

その答えは、男性ホルモン受容体、または男性ホルモンレセプター
と呼ばれる物質にあるのです。

 

あなたも知っているとおり、男性型脱毛症AGAが進行するのは、
善玉男性ホルモンであるテストステロンが5αリアクターゼと呼ばれる
酵素によってジヒドロテストステロンに変化すること。

 

略してDHTと呼ばれる悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが
毛根内部で脱毛作用を引き起こすことでAGAは進行していくのです。

 

このジヒドロテストステロンという物質は、何も特定の男性のみに
発生する物質ではなく、男性であれば誰しもが発生する物質なのです。

 

ある人はこのDHTにより脱毛が進行していくのに対し、
ある人はこのDHTが発生しても脱毛が進行していかないのは、

 

DHT・ジヒドロテストステロンに対する受容体が
どれほど多く分布しているかどうかなのです。

 

具体的には、男性ホルモン受容体とジヒドロテストステロンが
結合することでTGF-β1と呼ばれる脱毛因子が生成されるのすが、

 

男性ホルモンレセプターが少ない人はこのTGF-β1の発生は少なく、
男性ホルオンレスプターが多い人はこのTGF-β1の発生が多くなるというわけです。

 

なので、

 

男性型脱毛症は何も、男性ホルモンの分泌が多ければ多いほど
症状が進行するというものでもないのです。